About 展覧会の見どころ

About展覧会の見どころ

ストランドビースト、日本海側初上陸!

13体のストランドビーストとコラボ作品2体の合計15体が集結します。

実際に動く!?ストランドビースト!

~命を吹き込むリ・アニメーション~

毎日10:30、12:00、13:30、15:00、16:30に開催。実際に動くストランドビースト(3体程)の様子をご覧いただけます。
(当日の状況により、ビーストの種類や開催時間等を変更する場合がございます)

~自分で動かすことができる~

ストランドビーストを押して動かす体験を期間中随時開催。

越前和紙とのコラボレーション!

世界的アーティスト テオ・ヤンセン氏と越前和紙が世界初のコラボレーション。
通常パラシュート生地である帆部分を越前和紙で制作した福井でしか見れない作品(2体)。

  • 越前和紙コラボレーション オルディス・クォータス

    オルディス・クォータス

  • 越前和紙コラボレーション オルディス・クインタス

    オルディス・クインタス

地質時代にならって、ビーストの特徴と誕生時期にあわせ、〇〇期という名前がつけられています。
また、作品名の始めに付く「アニマリス」は、英語で動物を意味するanimalとラテン語で海を意味するMareの組み合わせで、ヤンセンの造語です。

アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ

アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ

2013年 アウルム期(2013-2015)

大海原を渡る帆船がモチーフ

二つの胴体が連結されたつくりで、片方の帆が風を受けて動き出します。
イメージは江戸時代にオランダと長崎県を結んでいた帆船で、それを象徴する大きな帆が特徴的です。

アニマリス・ウミナミ

2017年 ブルハム期(2016-)

前に進む風力を得たキャタピラ型

帆を身につけたことによって、ホーリーナンバー(聖なる数)を持たなくても風で動くようになりました。ブルハム期に見られる波打つ前進運動は、見事なサインカーブを描き、とてもプラスチックでできていきるとは思えない動きで砂浜を駆け回ります。

ホーリーナンバー
動きの秘密

ストランドビーストの脚はホーリーナンバー(聖なる数)と名付けられた、一定の比で構成されています。
ホーリーナンバーで構成された脚は滞空時間が長く、それによって生き物らしい動きを生み出しています。
この比率にたどり着くまでに、ヤンセンは1,500以上の組み合わせのシュミュレーションを行い、数ヶ月かけて理想的な動きを導き出しました。

ストランドビーストのパーツ
ストランドビーストのパーツ

ストランドビーストはさまざまなパーツで構成されています。
カリダム期からプラスチックチューブを熱して接合や変形を行うようになり、加工の自由度が増したことで、同じパーツの量産が可能になりました。
ヤンセンは、こうした量産のできるパーツを「遺伝子」と呼び、作品の進化とともに、筋肉や神経細胞、脳といった機能のパーツを生み出しました。

テオ・ヤンセン
テオ・ヤンセン
1948年、オランダ、スフェベニンゲンに生まれる。デルフト工科大学にて物理学を専攻後、画家に転向。1986年から新聞のコラムを執筆し、その中の一記事「砂浜の放浪者」をきっかけに「ストランドビースト」を生み出す。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称され、芸術と科学の融合した作品を発信し続けている。